China Support 中国事業進出サポート

【中国事業進出コンサルタント業務内容】          Back

■中国投資全般に関するアドバイス
•最適な進出形態の検討
•設備の調達(輸入、リース)方法および関連税務
•投資回収スキームの構築 など

■中国会計制度に関するアドバイス
•国際財務報告基準(International Financial Reporting Standard:IFRS)と中国会計基準の相違点への対応
•会計システムの導入
•内部統制、内部監査 など

■中国税務に関するアドバイス
•出張者、駐在員の個人所得税
•恒久的施設(PE)課税
•増値税還付政策 など

■日本親会社との連結サポート
•連結決算体制の構築、決算早期化への対応
•内部統制報告制度対応
•親子会社の会計方針統一への対応 など

■中国における事業展開サポート
TOURI INTERNATIONARL MARKETING GROUP各社およびUNTEL中国との連携により、中国進出から清算・持分譲渡などまでのライフサイクルの各段階におけるあらゆるニーズにワンストップでお応えします。

■中国進出サポート
中国の規制緩和が進み、制限されていた進出形態について選択肢が増す一方、設立手続きの煩雑さ、設立後の外貨送金問題など、様々な問題が内在しています。デロイト トーマツ グループでは、設立後の事業活動がスムーズに進むよう、設立準備段階から将来のリスクへの対応を含めてアドバイスします。

•現地法人、支店、駐在員事務所の設立に関する事前準備アドバイス
•設立手続き(関連契約書、定款の作成を含む)支援
•現地法人設立後の管理体制(事業、業務、人事など)構築に関するアドバイス

■会社運営サポート
経営者が必要とする情報が適時に提出されない、利益は出ているようであるがどうも中身がよくわからない、中国子会社の管理体制を構築できない、といった中国における会社運営上の問題点の洗い出しと解決策の提案・支援を行います。

•財務、会計、税務上の諸問題の精査および解決へのアドバイス
•財務調査、内部監査の実施
•内部統制構築支援
•不正調査、不正リスクマネジメント
•リスクマネジメント支援
•移転価格税制への対応

■企業買収・組織再編サポート
事業活動のさらなる拡大や、環境変化による組織体制の見直し、企業として飛躍するための具体的な戦略の立案やアドバイス、買収調査の実行、さらには企業価値を高める中国企業の上場支援などを行います。

•ストラクチャーサポート
•財務および税務デューデリジェンス
•フォレンジックデューデリジェンス(FCPAデューデリジェンスを含む)
•事業・持分評価(バリュエーション)
•グループ内M&A支援

■Exitサポート
合弁相手との不調和、経営不振などによる中国ビジネスからのExitという究極の意思決定過程において、撤退戦略の立案や代替案の提案・支援を行います。

•撤退交渉戦略のアドバイス
•持分譲渡に関するアドバイス
•事業・持分評価(バリュエーション)
•清算手続き支援
•Exitに関する諸問題への対応
•香港証券取引所や中国証券取引所等への上場支援

【中国拠点一覧】
Beijing(北京) Dalian(大連)Guangzhou(広州)Hangzhou(杭州)
Shanghai(上海) Shenzhen(深セン) Suzhou(蘇州)Tianjin(天津)

Back

From Japan to the worldodm2.gifGlobal joint